プロレスラーが仮想通貨事業に参入

NO IMAGE

現在仮想通貨は、メルカリなど多数の企業が自らトークンと称し仮想通貨を売買していますが、ここにきてプロレス団体が仮想通貨事業に参入をしています。

これはアメリカのWWEというプロレス団体が仮想通貨事業に参加をしており、Mark William Calawayというアメリカプロレスの伝説的な人物が立ち上げた事業です。
このように仮想通貨は企業が注目を浴びる手法や独自のサービスを打ち出すことに使用でき、日本でも同様に地域限定で仮想クーポンというクーポンを配布する事業者も存在しています。

仮想クーポンの場合はその対象エリアに住んでいる方に対して無料で使用可能なクーポンを配布することで地域を活性化させようという試みで使用しており、仮想通貨とは異なる目的で使用しています。

仮想通貨の目的ですが、現在仮想通貨の目的は副業で収入を得るという手法が主で行ってしまえば仮想通貨売買で利益を得ることが主です。
投資という目的で技術力に貢献をするという木出来ではなく、収入を得るというのが一番となっているのが2021年現在の仮想通貨ですので、メルカリもそうですがシステムを導入することで利用者が増えるという効果を期待しているとされます。

ただ、これらは逆に考えれば、本業のビジネスがうまく軌道に乗ってない場合、新規に顧客を得ようとする場合、仮想通貨を通して顧客を呼び込むという風にもとらえられるため、メルカリのように本業が軌道からそれ始めた場合、新しい顧客を獲得する必要性があるという理由で仮想通貨のシステムを取り入れたとも考えられるのです。

この考えの利点は、集客を見込めることと電子化することによりさらなる発展が可能である点があり、電子決済の他高速電子通信技術獲得などもあり、動画配信などであれば分割でネットワークに負荷をかけることなく動画を視聴可能であるという利点が生まれるためプロレスのようなコンテンツであれば動画配信という手法でも収入は得られるはずです。

ただ、一方でシステム開発費用および、仮想通貨システムと連動が取れなかった場合、すべての電子化されたシステムが運用できなくなる可能性もあるため、失敗をした場合本業にダイレクトにダメージを与えるとみてよいでしょう。

しかしながら、新しい技術を利用して本業を活性化させるという考えは良い考えであるため、今後WWEプロレスのように仮想通貨とは縁がなかった企業が参入する可能性は大いにあると結論付けます。